虹色の魚

MONKEY MAJIKの持つメロディーの美しさはそのままに、
エッジのきいたナンバーに仕上がり、ボーカル二人の哀愁がありながらも力強い歌声と絶妙にマッチした曲だと思います。